様々な機会を用意している日本文化大学


日本文化大学は就職支援プログラムが充実しています。
様々な機会を用意し、学生の就職を支援しています。

日本文化大学はクレペリン検査試験を行っています。
学生のメンタルヘルスの特性や心理状態を検査します。
そしてどの業種や職種に向いているのかを判断します。
日本文化大学では公務員や
一般企業で出されるものと同じ検査を実施し、
本番に向けての対策を行います。
自分の状態がわかり、
対策が立てやすくて貴重な経験になると学生からも評判です。

1年次から日本文化大学で定期的に行われるのが
スペシャリストセミナーです。
官界やビジネスの最前線で活躍している方を講師として招いて、
セミナーを行います。
実体験に基づいた講演を聞くことは
就職活動に向けた意欲の向上に繋がり、
いい刺激を受けられると好評です。

就職活動が本格的になってきた時にお世話になるのが
エントリーシート対策とSPI3模擬試験です。
エントリーシート対策では重要なポイントとなる
明確な志望動機や自己PRの書き方の指導を行います。
興味を持って読んでもらえる文章表現が身に付くので評判です。

SPI3模擬試験は「語彙、読解」「数列」からなる
能力検査と適性検査の2つを徹底して行います。
SPI3は大半の企業の選考過程で行われ、
採用を左右される重要な部分です。
その対策が出来るので、学生たちからも評判となっています。

その他にも様々な形で就職活動の意欲の向上を
日本文化大学は行っています。
就職活動のためになる
様々な機会を用意しているのが日本文化大学です。
就職活動に向けてしっかり備えられます。